FAQ〜だいす堂Q&A〜

ここでは、初めてだいす堂に参加される、または参加を検討されている方々からの問い合
わせのメールで多い質問をご紹介したいと思います。

Q1、TRPG自体をやったことがない(またはほとんどやった
ことがない)のですが、
参加できますか?

A、大歓迎です。ぜひおこしください。
 だいす堂のイベントでは、卓分けの前に各GMのみなさんに、「TRPG初心者受け入れは
可能か、可能であれば何人まで受け入れ可能か」を明らかにして頂いています。それ
らを
参考にして頂き、「このGMはTRPG初心者不可だからやめておこう」「このGM
はTRPG
初心者2人までだから、まだ大丈夫かな」「このGMはTRPG初心者が全員
でもOKといっ
てるから、安心して入れるな」など、ご自身の目で判断して頂くことができます。

Q2、どのようなシステムが立つのか、事前にわかりますか?

A、残念ながら、わかりません。
 だいす堂の開催するイベントのうち、D−max他一部は事前にGMオファーを出しますので、
立候補するGMのリストは1ヶ月前ぐらいから順次公式サイトで発表していきます。
 それ以外のイベント――定例会、R−con、N−pntは、GMさんも当日に募集しますので、
当日実際にいってみないとどんなGMがどんなシステムで立候補するかはわからないことに
なります。

Q3、ソードワールドしかやったことがないのですが、大丈夫
でしょうか?

A、残念ながら、前述のとおりいつもいつもソードワールドが立卓するとは限りません。
 ぜひ、これを機会にソードワールド以外のシステムにもチャレンジしてみることを強くおすす
めします。
 Q1の内容とも重なりますが、GMさんには「TRPG初心者対応」と同時に、「システム初心
者対応」(TRPGは何度もやっているが、ソードワールドはやったことがない、
など)も明らか
にして頂いています。そちらを参考にしてみてください。
 余談ですが、だいす堂はどういうわけか、ソードワールドやダブルクロスといったスタンダー
ドなシステムよりも、メジャーかマイナーかという点で一段下がる、いわゆる「と
んがったシス
テム」が多く立つ傾向が強いようです。そんな状況もあって、立候補するG
Mさんは、「システ
ム初心者は全員でも対応可能」という方がほとんどです
(下手にこの項目で人数制限かける
と、卓が成立しませんのでね)。ですから、知らない
システムでも安心して入って頂けるケース
が圧倒的に多いので、ぜひ初めてのシステムにも
チャレンジしてみてください。新しいTRPG
の楽しみ方が見つかるかも知れません。

Q4、ゲームの世界観などについて、どの程度の予備知識が
必要ですか?

A、Q3とも内容が重なりますが、だいす堂のGMさんはほとんど「システム初心者が全員で
も対応可能」という方です。
 ラクシアに関する知識がなければソードワールドに入れない。
 三千世界のことを知らなければカオスフレアに入れない。
 これでは「システム初心者でも対応可能」とはいえませんよね。
 もちろん、ルールや世界観に関する知識は、ないよりはあったほうが楽しめることは間違い
ありません。
 ですが、それが必須条件というわけではもちろんありません。「あるに越したことはない」程度
にお考え頂き、気軽に参加してみて下さい。
 ただ、中には「ガンダムセンチネルです、ゲームそのものをやったことがない人は歓迎ですが、
アニメ『機動戦士ガンダム』を見たことがない人はご遠慮ください」なんて人も
います。その場合
にはGMさんがGM紹介(アピールの時間)で言ってくれるはずです。
 
判断できない場合は遠慮なくGMさんに質問してみてください。

Q5、リプレイなどは読んでおいたほうがいいのでしょうか?

A、市販されていたりルールブックに付属していたりするリプレイは、システムや世界観を
理解する上で、Q4同様「読んでおくに越したことはない」範疇のものと考えて下さい。
 ただ、あえて逆説的にここで「TRPG初心者は、下手にリプレイを読まないで参加したほうが
いいこともある」という代表個人の私見を述べます。
 リプレイは読み物としては大変楽しい場合が多いですが、特に実際のセッションに参加した
ことのない読者が「ダブルクロスをやると、こんな感動的な物語ができるんだ! こ
んなことも
できるんだ!」と勘違いされることが多いようです。
 リプレイのセッションに参加しているのは、システムデザインやライティングをしているプロ中
のプロ、もしくはプロ中のプロに選ばれたセミプロ級のツワモノたちです。彼ら
はメシのタネに
毎日セッションしています。彼らだからこそできる遊び方というものがあ
るのです。特に実名は
あげませんが、中には「素人にはオススメできない」ようなことをして笑いをとるプロの方
もいる
ようです。アマチュアの我々が同じようなことをしようと
すると、大惨事になること請け合いです。
 リプレイを読んで参加される方は、「素人が下手に玄人(プロ)のマネをしようとしない」こと
肝に銘じておかれることを、強くお勧めします。

Q6、ロールプレイは、どこまで求められますか?

A、これは、GMさんの求めるものによる、としかお答えしようがありません。
 エンゼルギアや天羅WARなどのように、かっこいいロールプレイをすればするほどキャラ
ターが強くなるシステムであれば、煮えたセリフのひとつも吐いて頂かなければお話に
ならな
いでしょう。恐らくGMさんや他のPLさんも、その認識で集まっていると思います。
 では、アリアンロッドならどうでしょう。微妙になってきますね。これがD&Dともなると、余計
なロールプレイ要素は一切排除するGMさんもいます。
 ですので、結局のところ、GM紹介を聞いて、どこまで求められるのかを判断して頂くほか
ありません。

Q7、セッションにいきなり参加するのは怖いので、見学から
始めたいのですが?

A、大変申し訳ありませんが、見学の受付は特殊な場合をのぞき原則としてお断りしています。
 多くの場合、TRPGは物語の世界に入り込み、キャラクターの立場になってロールプレイする
ことが求められます。そうすると、三十路四十路のオッサンが、いたいけな女子
中学生・女子高
校生のロールプレイをすることだってあるわけです。同じテーブルについ
て同じゲームをしてい
る者どうしならば違和感はないのですが、知らない人が端から見る
とあまり気持ちのよいもので
はありません。
 そんなことを思ってかどうか、TRPGをやる人の中には、ゲームに参加していない人にテーブ
ルをのぞきこまれることを異常に嫌う方もいらっしゃいます(代表自身はとりた
てて気にもなりま
せんが)。
 見学するくらいならどうせ同じことですから、ぜひ清水の舞台から飛び降りたつもりで、セッショ
ンに参加してみてはいかがでしょうか。案外、ハードルは低いものです。実際の
TRPGセッション
とはどういうものか、こればかりは、実際にやってみないとわからな
い。見学しただけではわかり
ませんよ。

Q8、必要な持ち物はなんでしょうか?

A、あなたがPLとして参加されるなら、特別に必要なものはありません。
 最低限、筆記用具とノート・メモ帳の類と、ダイスがいくつかあれば充分でしょう。
 ダイスについては、昨今は特殊なものを使うシステムはかえって少なくなってきていますので、6
面体ダイスが5〜6個、10面体ダイスが2〜3個もあればよいのではないで
しょうか。
 もちろん、中にはD&D(4面体、8面体、20面体など様々)やダブルクロス(10面体を鬼のよう
にたくさんふります)のような特殊例もありますから、そういうのを遊び
たいと思ったら、ご自分で
そろえる必要はあるかも知れません。ですが、たいていの場合
GMや他のPLから借りることができ
ますので、その点もご安心下さい。
 ルールブックについても、あなたがどうしても遊びたいと思うシステムだったり、常備してもかさば
らない文庫本サイズ(ソードワールドやダブルクロスなど)、新書サイズ
(サイコロフィクションなど)
のものなら、持ってきても損はないでしょうね。でも、ル
ールブックがなかったとしても、困ることは
まずありませんから、どうかご安心ください。
 ただし、あなたがGMとして立候補しようとしておられるなら、別のことを言わなければなりません。
ルールブックは必要なページをコピーしておく必要があるでしょうし、キ
ャラクターシートを人数分、
ルールサマリー、戦闘マップなど、枚挙に暇がありません。どうか、ぬかりないようご準備ください。

Q9、私は女性ですが、女性の参加者は多いですか?

A、 このところ女性の参加者も徐々に増えてきて、毎回何人か女性の方にきていただけるよう
にはなりました。女性のスタッフが加入したことが、大きな要因かもしれません。
 が、残念ながら他のサークル同様、だいす堂もどうしても男性が圧倒的に多く、男所帯になりがち
な状態です。男の人が苦手、という女性のかたには、厳しい環境かもしれません。

Q10、そのほか、気をつけたほうがいいことはありますか?

A、3つほどお願いがあります。

1,楽しもうという気持ちを持つ
 TRPGは楽しむためにやるものです。GMが用意したものを、PL全員で積極的に楽しもう、とい
う気持ちがなければ、セッションもコンベンションも成立しません。

2,価値観の相違を受け入れる
 同時に、複数の人間が集まる場であるということもご理解下さい。自分がよいと思うものを、相手
も同じように考えるとは限りません。価値観の違う人間が集まっているのだと
いうことをご理解下さい。

3,相手の立場に立って考え、行動する
 1や2とも重なりますが、「だいす堂」創立以来の理念です。
 多くの人が集まってひとつの空間を共有するときは、お互いに相手の立場に立って考え行動する
ことが何より大切だと、だいす堂は考えています。お互いに気持ちよくTRPG
を楽しめるような空間
づくりのため、ご協力をよろしくお願いします。

Q11、自分の予想していたものと大きく違っていたことがわかった
場合、途中で切り上げ
て帰ることは可能ですか?

A、イベントの雰囲気などに実際にふれてみて、「これは俺の求めていたものではない」と感じたら、
遠慮なく受付かスタッフにお申し出の上、お帰り頂いてけっこうです。入場時
に参加費を頂いている
場合は、返金を行います。
 卓分けが終了してゲームが始まったあとのことに関しては、運営は卓単位でGMさんに一任されま
す。GMおよび他のPLさんに一言相談の上、GMさんの指示に従って下さい。
 急用ができて途中で帰らなければならなくなった場合でも、同様の扱いとさせて頂きます。
 ただし、ゲーム開始後の返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。